化粧水の使用方法と役割

化粧水をつける際は、洗顔後すぐに行うことが重要です。

 

この間に時間がかかると、肌が乾燥してしまいます。そして、使用する場合は500円玉くらいをイメージして手のひらにとり、顔全体に優しくなじませます。

 

もしくはコットンに化粧水を染み込ませたものを使います。

 

化粧水は、肌の乾燥を防ぎ、潤いをあたえる効果があります。

 

乾燥肌の人には、パラペンやアルコール、鉱物油を使用していない低刺激の商品もたくさんあります。

 

値段は数百円のものから1万円を越すものまでありますが、決して高い化粧水が良いというわけでもありません。

 

安い化粧水はたくさんの量を使えるというメリットもあります。最近では皮膚科やクリニックでも化粧水を販売しており、そこで購入している人も多いです。

 

化粧水を顔になじませた後は、乳液も使用したほうが肌に良いといわれます。

 

乳液は、化粧水で肌に潤いを与えた後、その蒸発や乾燥を防ぎ、しっとりさせる役割があります。