化粧水の使い方について

肌を潤し、乳液や美容液の肌への浸透を高める効果があるのが化粧水です。洗顔後最初に使用します。

 

一回の使用料は大体500円硬貨ほどの量です。

 

手で顔に付けているという人も多いでしょうが、コットンを用いることをオススメします。その理由としては、まんべんなく均等に付けることが出来ることなどがあります。

 

化粧水はコットンが十分濡れるくらいの量を含ませるようにします。顔に付ける際には、擦らず肌に含ませるように優しく付けていきます。

 

顔の内側から外側に向かって額や頬などの広い部分から付けるようにしましょう。

 

また、首にも付けるようにするとよいでしょう。途中で足りないと感じたら、少量を足して付けるようにします。

 

首に付ける場合には、下から上に向かって優しくふくようになじませていきます。

 

手で付ける場合は手のひらで軽く温めてから、顔の中心から外側に向かって手のひら全体を使用してなじませるようにします。

 

強く擦ると肌にダメージを与えるので注意が必要です。